#能楽と職人たち/田村民子

能のお稽古に必須の「謡本」は誰がどのように作っているのか?

謡本の製作工程

まず謡本を作る手順を、簡単に説明してみたい。

製作工程

  1. 印刷済みの紙を裁断
  2. 折る
  3. そろえる
  4. 丁合(ページ順に並べる)
  5. しめる(折りのくせ付け)
  6. 裁断・糊つけ
  7. 角裂をつける
  8. 表紙をつける(「かけ」)
  9. 外題をはる
  10. とじるための穴あけ
  11. 糸でとじる
  12. バーコードをつける
  13. 完成

文字の印刷は外部の印刷所で行われることが多く、印刷済みの大きな紙が水谷さんのところへ届く。袋綴じになるように、これを裁断し、折ってページ順に並べる(「(ちょう)(あい)」をとると言う)。

それから(かど)(ぎれ)をつける。角裂とは、本の背の上下二箇所につけられた色のついた布のこと。

曲の位によって色が異なり、水色((ひら)(もの))、黄((ならい)(もの))、紫((おも)(ならい))の三色がある。

それから表紙をつける(かける)。この作業を「かけ」と呼ぶ。そして曲名が書かれた()(だい)(だい)(せん))の紙を貼り、糸で綴じると本の形となる。外題の紙の大きさや貼る位置も決まりがあり、他の謡本や手付本などでは表紙の中央に貼ってあるものもある。ちなみに外題の地紙の図案は、観世宗家の紋の矢車。

ちょっと機械に助けてもらう

2台の機械の画像
折りのくせをつける機械(左)と穴をあける機械(右)

糸で綴じる作業では、針を通す部分にあらかじめ穴を開けるが、その際は機械を使う(右の機械)。謡本の製作は、ほとんどが手作業だがところどころで、簡単な機械に助けてもらう。

作業をする上で意外に重要なのが折りの工程。紙を折って、しっかりと折りくせをつけておくことで、その後の作業が格段にやりやすくなるという。それを恭子さんは「しめる」という言い方をしていた。これも機械の力を借り(左の機械)、しめた状態で丸一日おいておく。

「かけ」の作業

「かけ」の作業をする水谷葵さん

恭子さんから話をうかがっている間、そばで葵さんがずっと表紙をつける「かけ」の作業をしていた。具体的には、表紙の紙を規定の大きさに折る動作をいう。

へらを使って表紙の紙を規定の大きさに折る

竹のへらを使うが、これは竹屋に特注で作ってもらったものだ。素早くリズミカルな手さばきで、見ているとそれほど力が必要には見えないが、昔は男仕事とされていたほど身体に負担がかかる作業。謡本を作るプロセスで、一番時間がかかるという。

「かけ」の作業で使用する竹製のへら

「娘がこの仕事をやって二年くらいたったころでしょうかね。肩のあたりが痛いというので整骨院へ連れて行ったら、(けん)(こう)(こつ)の位置がずれてしまっていました。それからは三週間に一度くらいの頻度で、整骨院へ通うようになりました」。

規定の大きさに切りそろえられた角裂

ちなみに角裂をつけるのは女仕事とされていたそうだ。角裂は、装飾的な意味もあり、また本の傷みを防ぐためのものだが、これをつけるのがまた手間がかかるらしい。

薄い布に紙が裏打ちされた特製の布を、小さな四角い形に切って準備しておき、それから貼る作業をする。なにごとも下準備が大事だが、貼るまでにも大変な時間がかかっている。