【インタビュー】 日本全国 能楽キャラバン!開催中 〜観世銕之丞師に聞く〜

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2021年7月より、日本全国 能楽キャラバン!公演が各地で開催されているが、この一連の公演はすべて能楽協会の主催または共催で実施されている。このたびのキャラバン公演のことなどについて、能楽協会理事長の観世銕之丞師にお話を… 続きを読む 【インタビュー】 日本全国 能楽キャラバン!開催中 〜観世銕之丞師に聞く〜

【速報・受賞】第43回観世寿夫記念法政大学能楽賞に、松岡心平氏、野村萬斎師、第31回催花賞に、三宅右近師と日本ろう者劇団

観世寿夫記念法政大学能楽賞 受賞者 松岡心平(まつおか しんぺい)氏 贈呈理由:氏は多年にわたり能楽の研究・普及の両面において活躍し、多くの後進も育ててきた。特に、本年刊行の『観世文庫所蔵能楽資料解題目録』は、氏が観世宗… 続きを読む 【速報・受賞】第43回観世寿夫記念法政大学能楽賞に、松岡心平氏、野村萬斎師、第31回催花賞に、三宅右近師と日本ろう者劇団

訃報:柿原崇志師

大鼓方高安流、柿原崇志(かきはら たかし)師が2021年11月17日に脳出血のため逝去された。享年80。葬儀は近親者のみにて執り行われた。 柿原師は1940年、柿原繁蔵の長男として福岡県大牟田市に生まれる。1954年、父… 続きを読む 訃報:柿原崇志師

野村万蔵師、「万蔵の会」を発足

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

狂言方和泉流の野村万蔵師が、自身の会『万蔵の会』を今年12月23日に発足させる。11月5日に取材会が行われ、会の発足にあたり、万蔵師が思いを語った。 2005年の9世万蔵襲名から、当初10年間くらいは万蔵という名を背負う… 続きを読む 野村万蔵師、「万蔵の会」を発足

【ピックアップ放送予定】NHK Eテレ「古典芸能への招待」にて「第49回 正門別会特別公演」を放送

令和3年10月31日(日)21時より、NHK Eテレ「古典芸能への招待」にて、今年6月20日に観世能楽堂で行なわれた『正門別会 二十六世観世宗家観世清和 独演 翁附五番能』の模様が放送される。 〔内容〕能「卒都婆小町 一… 続きを読む 【ピックアップ放送予定】NHK Eテレ「古典芸能への招待」にて「第49回 正門別会特別公演」を放送

日本全国 能楽キャラバン! 奈良特別公演〜奈良からはじまる、能楽の旅〜

現在、「日本全国 能楽キャラバン!」と銘打った公演が各地で開催されている。「日本全国 能楽キャラバン!」は、コロナ禍でダメージを受けた文化芸術界を盛り上げるため、能楽協会が統括団体として文化庁に申請した事業で、能楽師が所… 続きを読む 日本全国 能楽キャラバン! 奈良特別公演〜奈良からはじまる、能楽の旅〜

【レビュー】世田谷美術館 トランス/エントランス 特別篇「夢の解剖─猩々乱」

世田谷美術館では2005年よりエントランスホールで展開する実験的パフォーマンスシリーズ「トランス/エントランス」を開催してきた。これまでダンスや朗読劇などが行なわれてきたが、17回目となる今回はそのシリーズ最終回として、… 続きを読む 【レビュー】世田谷美術館 トランス/エントランス 特別篇「夢の解剖─猩々乱」

継承_承継 2021  大蔵流狂言と映画『よあけの焚き火』上映

2019年に公開された映画『よあけの焚き火』は、狂言方大蔵流の大藏基誠(もとなり)師と長男康誠(やすなり)さんが主演のドキュメンタリーとフィクションで描かれた作品(監督:土井康一、製作:桜映画社)。伝統芸能をモチーフに、… 続きを読む 継承_承継 2021  大蔵流狂言と映画『よあけの焚き火』上映

新作能〈媽祖(まそ)〉の公演とクラウドファンディングの実施

 来春4月2日(土)に京都観世会館で催される「新作能〈媽祖〉」のクラウドファンディングが昨日9月9日より開始された。11日現在、目標金額1100万円の70%を越えている。 「媽祖」は、航海や漁業の安全を守る女神で、人生に… 続きを読む 新作能〈媽祖(まそ)〉の公演とクラウドファンディングの実施

訃報:野村幻雪師

シテ方観世流、野村幻雪(のむら げんせつ)師(本名、野村四郎)が2021年8月21日に逝去された。享年84。葬儀は親族のみにて執り行われる。 野村師は1936年、狂言方和泉流6世野村万蔵の四男として東京に生まれる。幼少期… 続きを読む 訃報:野村幻雪師